関節痛・筋肉痛・微熱が起こる病

関節痛・筋肉痛・微熱が一斉に起こったことってありますか?

私は、あるんですが・・・これがとても辛い!
関節痛・筋肉痛のような痛みで体を動かすのが億劫な上に、微熱で頭もボーっとしてだるい。

これは風邪・インフルエンザなどの症状として起きることが多い組み合わせなんですが・・・
実は「自律神経失調症」の症状である可能性もあるんです。

自律神経失調症とは、生活が不規則だったり身体的・精神的なストレスが原因で、自律神経のバランスが崩れて起こる様々な不調・疾病のことです。
上記に書いた関節痛・筋肉痛・微熱以外にもよく聞く症状は、倦怠感・疲れやすい・動悸や息切れ・頭痛・不眠・精神的に落ち込む・食欲不振など、様々な症状があります。

また多くの場合、1つの症状ではなく私のように同時に複数の症状が現われたり、症状が出たり引っ込んだりする場合があります。
自律神経失調症は、個人により症状のあらわれ方が変わります。

さらに自律神経失調症は、内臓・器官などが原因で起こる病ではないため、検査をしたとしても原因がわからずに、異常なしとされることが多いようです。
そのため、受診した本人も自分が自律神経失調症であることに気付かない場合があるようです。

少しでも「おかしい」と思ったら、まず自律神経失調症の症状・疾患が同時に複数現われているかどうか確認しましょう。
それから医師に相談し検査をしてもらって下さい。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 関節痛 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク