コンドロイチンの1日の摂取量

みなさんは「コンドロイチン」って知っていますか?

コンドロイチンは体内に存在し、とても重要な役割を担っていますが、年齢と共に少なくなっていってしまいます。
コンドロイチンの減少を止めるには、食品・サプリメントなどから定期的に摂取しなければなりません。

コンドロイチンサプリメントは様々なものが数多く販売されており、メーカーによって1日の摂取量が違ってきます。
では一体どのくらい摂取すればいいのでしょうか?

基本的にコンドロイチンの1日の摂取量は、「400ミリグラム」と言われています。
1日に400ミリグラムのコンドロイチンを摂取すれば、体内に必要な量が補えるのです。

しかし、コンドロイチンの減少量・効果は個人によって異なります。
年令と共に悩まされることになる関節痛・腰痛などは、原因にコンドロイチン不足が挙げられます。

でも関節痛・腰痛の人が全てそうかというとそれは違い、医師の診断によってはコンドロイチン不足が原因でないこともあるので、
自分の判断でコンドロイチンを摂取した場合、もしかしたらコンドロイチンの過剰摂取になってしまう可能性もあります。

実はサプリメントでは、こうした摂取量の規定がしっかり定められていません。
コンドロイチンの場合は、副作用などの危険性から1日900ミリグラムまでと定められています。

しかしこの摂取量の規定は緩和の為の規定なので、治療目的で摂取する場合のコンドロイチンには当てはまりません。
その為、治療目的の場合は1日3600ミリグラムという量を摂取することになる場合もあります。
逆に、治療目的ではなく補うことを目的としているサプリメントでは、1日300ミリグラム程にしているものもあるそうです。

サプリメントの服用は、あなたの症状・副作用などのリスク管理が必要になります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: コンドロイチン, 口コミ・評判 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク