コンドロイチンと他の成分による併用注意

「コンドロイチン」という成分を知っていますか?
最近、よくサプリメントなどで紹介されることが多いので、知っている方も多いのではないでしょうか?

コンドロイチンのもっとも有名な効能は、「軟骨を守ること」です。
軟骨の重要な成分であるプロテオグリカンの成分で、コンドロイチンは水分・栄養を運んでくることにより、健康で丈夫な軟骨を作りだします。

コンドロイチンは、年令を重ねるごとに引き起こされる軟骨細胞の死滅予防・ヒアルロン酸の合成量の増加・軟骨分解酵素を阻害・関節の動きをスムーズにするなどの嬉しい効果が沢山あります。
さらに上記の効果によって軟骨を守ってくれるので、関節痛の緩和にも効果を発揮します。

ここまで読んで「コンドロイチンを飲んでみようかな」と思った方もいらっしゃると思います。
そこで、次にコンドロイチンの他の成分との併用注意についてお話ししたいと思います。

もし他に薬・サプリを飲んでいる状態でコンドロイチンを摂取した場合、副作用などが起きないよう併用には十分な注意が必要です。

まず、安全に併用できるのは「グルコサミン」です。
コンドロイチンとグルコサミンの併用により、「変形性膝関節症」の多くの患者が、軟骨が完全再生されたと臨床結果が出ています。
他にも関節や美肌のためにヒアルロン酸・コラーゲンも併用すると良いでしょう。

次に併用注意が必要とされるのは「ワルファリン」です。
コンドロイチンをワルファリンと併用した場合、ワルファリンの効果(血を固まりづらくする)を強める可能性があります。

コンドロイチンと他の成分との併用注意については、今も研究されているところです。
併用することで一歩間違えば、危険な作用を引き起こしてしまうこともありますので注意しましょう。
かかりつけのお医者様に聞いてみるのが、確実で良いかもしれませんね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: コンドロイチン, 成分・比較・食材 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク