グルコサミンは効かない?!

知っている方も多いと思う「グルコサミン」サプリ。
今回は、そのグルコサミンが膝・腰の痛みに効かない?!っというお話です。

テレビなどのCMでも紹介されており、股関節・膝の変形性関節症の痛みを緩和する目的で服用されているグルコサミン。
このようなサプリに、治癒効果があるという科学的証拠は認められないことが、大規模研究の分析によって明らかになりました。

実はグルコサミンサプリなどの効果については、いままでにもいくつか今回と同様の報告がされていたんです。
今回研究したスイス・ベルン大学社会・予防医学研究所のJuni博士は「患者の疼痛緩和という点で、臨床的に意義のある有益性は認められなかった」と示されています。
つまりグルコサミンサプリが効かないということになります。

グルコサミンサプリが開発され現在まで、世界中の何百万人がサプリメントを購入しており、 2008年世界でのグルコサミンサプリメント
の売り上げはほぼ20億ドルにもなり、2003年より60%も増加傾向にあるそうです。

今回はそのグルコサミン愛飲者の中の、3,800人強の膝・股関節の関節炎患者を対象とした無作為化臨床試験の結果を分析したものです。
愛飲者と非服用者を比較したもので、グルコサミンを服用している患者の疼痛レベルの変化を偽薬との比較・互いの比較により検討したものです。

そして全データの検討の結果・・・グルコサミンには、関節痛・関節腔狭小化に臨床的に効かないことが示されました。
ちょっとビックリする結果ですよね。

ただしこの発表をしたJuni氏は、「もしグルコサミンサプリを服用していて、あなたが効果を感じている場合(疾患の自然経過・プラセボ効果によるものの可能性がありますが)、服用し続けることが有害というわけではないので、
特にグルコサミンの服用を止めなくても良い
」と述べています。

「病は気の持ちよう」と言うように、やはり多少は気持ちの面での効果もあるのかもしれませんね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: グルコサミン タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク