グルコサミンの相互作用について

安全性が高く関節痛などにに効果的なサプリメントとして「グルコサミン」が人気ですね。
みなさんもテレビCMなどで1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

グルコサミンは、化粧品・食品添加物などにも利用され安全であると証明されています。
もちろん稀に副作用はあるようなので、用法用量をまもり正しく服用することが大切です。
今回はそんなグルコサミンによる相互作用について、お話しようと思います。

相互作用とは、薬の飲み合わせにより引き起こる効果のことで、「グルコサミンサプリを服用していることで他の薬の効果にどんな影響を与えてしまうか」ということです。

例えば・・・
グルコサミンとインスリンの相互作用は、グルコサミンがインスリンの働きを悪くしてしまうと言われています。
グルコサミンとワルファリンの相互作用は、血液の凝固を抑えるワルファリンの作用をグルコサミンが強くさせてしまうと言われています。

上記のように、知らずにいると一大事になる相互作用もあるので、他の薬を常用・内服している方はグルコサミンサプリの服用を始める時に気をつけなければなりません。
きちんと理解せずにサプリを服用すると、相互作用などで最悪の場合命取りになってしまいます。

現在、グルコサミンによる相互作用の研究が進められていますので、注意しておきましょう。

Sponsored Links

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: グルコサミン タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク