腰痛 「ぎっくり腰」について

腰痛にお困りの方はいませんか?
実は、私も軽い腰痛に悩まされている一人です(苦笑)
腰痛の中でも今回は「ぎっくり腰」についてお話ししますね。
ぎっくり腰というと、「急に起こる」「繰り返す」イメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

【ぎっくり腰の原因】
急激な筋肉・神経・関節への負荷、過度の緊張・疲れ。
無理に体をひねる・中腰で物を持ち上げる・前傾姿勢をとった時などになりやすい。
同じ姿勢で長時間過ごす・無理な姿勢・筋肉疲労などでなる事もある。
さらに、運動不足・肥満・疲れなどで腰の筋肉が血行不良になり、筋肉疲労を起こしぎっくり腰になることもある。
その他にもなにか別の病気が原因である場合もあるので、早めの診察を受けるようにしましょう。

【ぎっくり腰の症状】
ぎっくり腰とは、腰に痛みがあり、内臓疾患・レントゲン写真でも異常がないものの総称。
突然腰に激しい痛みが走るため、ドイツ語で「魔女の一撃」と言われている。
重く張るようなだるいような痛みが続いたり、慢性化することもあります。
・中腰の状態から物を持ち上げる、急に立ち上がろうとした時に痛む
・前にかがむ、長時間座っている時に痛む
・寒い場所にいる時に痛む
などが一般的なぎっくり腰の症状です。

【ぎっくり腰の予防法】
1度ぎっくり腰になってしまうとくせになる場合もありますので、生活の中で予防していくことが大切です。
下記の点に注意して日常生活を送りましょう。
・長時間同じ姿勢でいないようにする
・無理な姿勢は避ける
・急な動作はしない
・疲れ過ぎないようにする
・適度な運動
・肥満の解消
・寒さ対策

しっかり予防してぎっくり腰にならないようにしましょうね!!

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 腰痛 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク