腰痛 「腰椎分離・すべり症」

みなさんは、腰椎分離・すべり症を知っていますか?

【腰椎分離・すべり症とは?】
椎体(腰椎の椎間板の前方部分)と椎弓(後方の椎間関節の部分)の間にあるのが椎弓根です。
その椎弓で骨の連続性が断たれ、椎体と椎弓が分離してしまった状態を「腰椎分離症」といいます。
分離症のなかでも、椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」といいます。
すべり症は、脊椎同士がずれた状態の事を言いますが、老化が原因で椎間板がずれたものを「変性すべり症」と言います。
分離すべり症は繰り返す腰痛・慢性的な腰痛・下肢痛を引き起こすことが多いようです。
変性すべり症も腰痛・下肢痛が引き起こされますが、脊柱管が狭くなるため馬尾神経の圧迫症状が主な症状として出ます。
つまり、歩行による下肢痛・しびれ、休むと軽減する間欠性跛行と言われる症状、会陰部のしびれ、排尿排便障害を引き起こします。

【腰椎分離・すべり症の原因とは?】
先天性・後天性があります。
先天性のものは、分離以外にも椎体・椎弓の形態異常、高度なすべり症を引き起こすことがあるため注意が必要です。
後天性の場合、子どものころに激しい運動などで繰り返し負荷がかかったため、疲労骨折を起こしたものと言われています。
全ての運動していた子がなるかというとそうではなく・・・あくまでも運動による負担は原因のひとつで、体質的な要素も関係あります。

少しでも「おかしいな?」と思ったら、整形外科へ受診することをおすすめします!

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 腰痛 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク