腰痛の薬物治療

腰痛にお困りのみなさんは、どんな治療法を試していますか?

腰痛の治療法には、マッサージ・姿勢や骨の矯正・外科手術・コルセットなどで補助する方法など、多くの治療法があり、それを組み合わせたりしながら腰痛治療をしていきます。

腰痛治療の中でも薬物治療は、効果が早く、腰痛でおこる苦痛を緩和する為に多く使用されます。

薬物治療の良いところは、即効性で痛みを緩和して日常生活を送りやすくし、腰痛によるイライラ・ストレスを軽減できることにあります。
腰痛になった場合、痛みへの恐怖から体を庇ってしまい、姿勢・動作が不自然になってしまい筋肉が緊張して固まり、疲労物質が溜まりやすくなります。
また、腰痛により体をスムーズに動かせない為、様々な箇所の筋肉まで堅くなって全身の血行が悪くなり、腰部以外の部分にまで痛みを抱えがちになります。

さらに、腰痛による過度のイライラ・ストレスは、自律神経のバランスを崩し働きを悪くし、それにより痛みが悪化してしまう状態を引き起こします。
過度のイライラ・ストレスにさらされると、腰痛の痛みを脳に伝える伝達物質が異常をきたし、少しの刺激でも強い痛みとして脳へ伝わってしまうようになってしまいます。

以上が重なり合うことにより、さらに体を動かすことが難しくなり腰痛が悪化してしまうという悪循環に陥ります。
そこで薬物治療では、鎮痛剤・消炎剤により痛みを緩和し、筋弛緩剤・ビタミン剤・血管拡張剤により血流を良くしたり、抗うつ剤で精神的にリラックスさせストレストを改善し、悪循環を断ち切ります。

一方、薬物治療の悪いところは・・・この効果が一時的なもので、腰痛の根本的治療にはならないところです。
また、腰痛を薬物にで緩和することに慣れると、根本的な治療がスムーズに進まず、腰痛をかえって悪化させることになってしまうのです。
さらに、大量の薬物を使用・長期間にわたり使用することで副作用が起こりやすくなります。

つまり腰痛において薬物治療は、非常に効果的な治療法ですが、万能ではないことがわかります。
そこで腰痛をしっかり治すには、薬物治療のような短期的な改善・長期的な治療を行うようにすると効果抜群です!

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 腰痛 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク