腰痛の薬物治療

腰痛にお困りのみなさんは、どんな治療法を試していますか?

腰痛の治療法には、マッサージ・姿勢や骨の矯正・外科手術・コルセットなどで補助する方法など、多くの治療法があり、それを組み合わせたりしながら腰痛治療をしていきます。

腰痛治療の中でも薬物治療は、効果が早く、腰痛でおこる苦痛を緩和する為に多く使用されます。

薬物治療の良いところは、即効性で痛みを緩和して日常生活を送りやすくし、腰痛によるイライラ・ストレスを軽減できることにあります。
腰痛になった場合、痛みへの恐怖から体を庇ってしまい、姿勢・動作が不自然になってしまい筋肉が緊張して固まり、疲労物質が溜まりやすくなります。
また、腰痛により体をスムーズに動かせない為、様々な箇所の筋肉まで堅くなって全身の血行が悪くなり、腰部以外の部分にまで痛みを抱えがちになります。

さらに、腰痛による過度のイライラ・ストレスは、自律神経のバランスを崩し働きを悪くし、それにより痛みが悪化してしまう状態を引き起こします。
過度のイライラ・ストレスにさらされると、腰痛の痛みを脳に伝える伝達物質が異常をきたし、少しの刺激でも強い痛みとして脳へ伝わってしまうようになってしまいます。

以上が重なり合うことにより、さらに体を動かすことが難しくなり腰痛が悪化してしまうという悪循環に陥ります。
そこで薬物治療では、鎮痛剤・消炎剤により痛みを緩和し、筋弛緩剤・ビタミン剤・血管拡張剤により血流を良くしたり、抗うつ剤で精神的にリラックスさせストレストを改善し、悪循環を断ち切ります。

一方、薬物治療の悪いところは・・・この効果が一時的なもので、腰痛の根本的治療にはならないところです。
また、腰痛を薬物にで緩和することに慣れると、根本的な治療がスムーズに進まず、腰痛をかえって悪化させることになってしまうのです。
さらに、大量の薬物を使用・長期間にわたり使用することで副作用が起こりやすくなります。

つまり腰痛において薬物治療は、非常に効果的な治療法ですが、万能ではないことがわかります。
そこで腰痛をしっかり治すには、薬物治療のような短期的な改善・長期的な治療を行うようにすると効果抜群です!

カテゴリー: 腰痛 | タグ: , , , , , | 腰痛の薬物治療 はコメントを受け付けていません。

富士フィルム「グルコサミン&コラーゲン」 詳細・口コミ

最近、よく目にするサプリ「グルコサミン」
関節痛などに効果があるとされ、人気が高まっています。

富士フィルムからも「グルコサミン&コラーゲン」が販売されているのを知っていますか?
今回は、多くのグルコサミンサプリの中から富士フィルムの「グルコサミン&コラーゲン」について、詳細と口コミをご紹介しますね。

富士フィルムのグルコサミン&コラーゲンは、水がなくてもポリポリ噛んで食べられるというのが特徴です。
ミルク味なので美味しく食べる事ができます。
もちろん噛んで食べずに、普通に飲んでも良いですよ。

富士フィルムのグルコサミンは、通常のグルコサミンより効果的な「N-アセチルグルコサミン」が主成分なので、 少量で効率よくグルコサミンを取ることができます。
また一緒に配合されているコラーゲンは、低分子コラーゲン・2種類のピココラーゲンを配合し、こちらも効率よく取ることができます。

しかも、今なら1週間分+3日分を送料無料の500円(税込)でお試しすることが出来ちゃいます!
気になった方はぜひこの機会にお試ししてみてはいかがでしょうか?

【富士フィルム グルコサミン&コラーゲン】
http://shop-healthcare.fujifilm.jp/shop/lp-gluco01/?adid=a00080180000102

さらに、実際に利用している方の口コミは・・・
・1日5錠で済むことが良い
・サプリメントだしあまり期待していませんでしたが、とても調子が良くなりました
・水なしでも噛んで食べれて、外出先などでも便利
・他のグルコサミンでは効果が感じられなかったのに、富士フィルムのグルコサミンを飲み始めてから調子がいい
など・・・口コミでも高評価が多いサプリです。

カテゴリー: グルコサミン | タグ: , , , , , , | 富士フィルム「グルコサミン&コラーゲン」 詳細・口コミ はコメントを受け付けていません。

サントリー 「グルコサミン&コンドロイチン」 健康応援キャンペーン

皆さんは、ビール・洋酒のメーカーで有名なサントリーのサプリを試したことがありますか?
数あるサントリーのサプリの中でも、おすすめなのが「グルコサミン&コンドロイチン」です!

グルコサミンは、関節痛に効果があるとして人気の高いサプリですよね。
テレビCMなどで目にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

サントリーのグルコサミン&コンドロイチンは、中高年の方に特におすすめな軟骨成分のサプリです。
中高年を迎えると、軟骨成分がだんだん減少していきます。
そのせいで関節痛になったり機敏に動けなくなったりするのは、中高年の多くの方が経験されているのではないでしょうか。

カニ・エビの甲羅に含まれる「グルコサミン」、フカヒレなどに含まれる「コンドロイチン」は、上手に摂取することで若々しい体を保つサポートになります。
しかし、なかなか食べて摂取する機会がないので、サプリなどで補うことが重要なんです。

サントリーの「グルコサミン&コンドロイチン」は、ポリフェノール「ケルセチン+」も配合されてますます体に嬉しい仕様になっています。
若々しい体・健康を維持するためのサプリなんです。

このグルコサミン&コンドロイチンは、「サントリーで始めよう!!健康応援キャンペーン」でも取り上げられたサプリです。

「サントリーで始めよう!!健康応援キャンペーン」とは、20日分のサプリをなんと無料で試せるキャンペーン!
申し込み人数が多い場合は、抽選となります。

キャンペーンは、テレビCMやホームページをチェックしてみてください↓
【サントリー】
http://www.suntory-kenko.com/

気になった方は、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: グルコサミン | タグ: , , , , , , | サントリー 「グルコサミン&コンドロイチン」 健康応援キャンペーン はコメントを受け付けていません。

腰痛の原因の一つ「前傾姿勢」

腰痛に悩まされているみなさん、あなたは前傾姿勢になっていませんか?

腰痛は、姿勢が悪いことが原因で起こる場合があります。
その中でも、前傾姿勢は腰に強い負担をかけてしまう姿勢なんです。
つまり腰痛の方は、なるべく前傾姿勢をとらないようにすることが重要になってきます。  

しかし・・・私たちが日常生活していくうえで、前傾姿勢になる場面は結構あります。
では、前傾姿勢になりやすい動作とはどんなものでしょうか?

・歯磨きや洗顔の際、洗面台に向かった時
・布団の上げ下げ    
・靴下や靴を履くとき   
・座っているとき
・食事や読書のとき   
・部屋の掃除(掃除機やモップなど)、お風呂掃除のとき   
・洗濯物を干す、とるとき   
・パソコンをやるとき  
・子供をだっこ、おんぶするとき   
・入浴するとき

などなど・・・少し考えただけでも、前傾姿勢になっていることは結構多いんですよね。

これらの前傾姿勢は、全て腰痛の原因になり得ます。  
上記を見て分かると思いますが、特に主婦・子供がいる方は要注意ですよ~!
私も子供のだっこなどで、だいぶ腰を痛めました(苦笑)

前傾姿勢になっていないか意識していれば、気を付けられることも多いと思います。
あなたが無意識にしている行動こそ、気をつけなくてはいけません!!

カテゴリー: 腰痛 | タグ: , , , , , | 腰痛の原因の一つ「前傾姿勢」 はコメントを受け付けていません。

グルコサミンの痛風(尿酸値)への効果

今、痛風の方が年々増加しているそうです。

痛風は以前、俗称を帝王病・贅沢病などと呼ばれてきました。
それが食生活の変化により、近年30代・20代の痛風患者も多く見られるようになり、国内の痛風患者数は60万人以上と考えられています。

痛風の症状は、激痛を伴う痛風発作(突然足の親指に激痛がはしる)に苦しむ事になります。
患部は腫れ熱を持ち、ちょっとした動作でも痛む厄介な病気です。
おまけに、痛風は高尿酸血症が原因で関節炎まで引き起こします。

痛風の原因としては、生活習慣・食生活が関係しており、血液中の尿酸値が増加する事によって発症します。

正常な尿酸値の場合、血液に溶け存在しますが急激に尿酸血が増加すると針状の結晶となり、体内の関節などに沈着し、激痛を引き起こす痛風発作を発生させます。
尿酸とは、体内でプリン酸が肝臓により代謝・分解され作り出され、腎臓で老廃物になり排出されます。
それが尿酸値増加でバランスが崩れる事が、痛風の大きな原因となります。

さらに、尿酸値増加は腎臓の負担となって腎障害、最悪の場合は腎不全・尿毒性を引き起こす可能性もあります。
もしも痛風を発症した場合は、早期治療が重要になります。

痛風予防のためには、カロリー制限・肥満改善・プリン体が多い食材を避ける・アルコール摂取の控えるなどの食生活管理、また生活習慣改善をしっかり行いましょう!

また、痛風にも関節痛に効果があると言われる「グルコサミン」により、症状を改善する事が出来る疾患のひとつなんです!

みなさんもグルコサミン自体は、広告やCMなどで目にしたことがあるのではないでしょうか?
実は軟骨成分であるグルコサミンが、痛風の痛みを緩和・免疫力を高める効果があるとされ注目されているんです。
痛風の方は、1度試してみる価値があると思いますよ!!

カテゴリー: グルコサミン | タグ: , , , , , | グルコサミンの痛風(尿酸値)への効果 はコメントを受け付けていません。

腰痛の場合の座椅子の座り方

みなさんは座椅子って使っていますか?
私も最近座椅子を手に入れました。楽ちんですよね~♪

そんな座椅子が、実は腰痛の方におすすめって知ってましたか?!

なぜなら、腰痛は姿勢が悪いことが原因で起こることが多いためです。
あなたは座っている時、背中が丸くなるなど姿勢が悪くなっていませんか?
特に胡坐・体育座りなどの座り方は、自然と前傾姿勢になり腰に負担がかかってしまいます。

そこで、座椅子の登場です!
座椅子なら背もたれがありますし、前かがみの姿勢を取らずに、体重が分散され腰への負担も少なく座ることが出来ます。

次に座椅子の座り方ですが・・・
背筋をなるべく伸ばし、背もたれとお尻がくっつくように深めに座りましょう。
背もたれとお尻の間にスペースが広く空いた座り方は、背筋・腰・お尻に強い負担がかかり、返って腰痛を悪化させてしまうかもしれません。
間違った座り方をすると、腰痛に逆効果なので注意しましょうね。

ただ、座椅子の構造によっては、正しい姿勢が取りにくいものがあります。
そういう場合は、クッションなどを利用しスペースを埋めると腰への負担が軽減されます。

また長時間座っての手作業などをした場合は、終わった後に身体を軽く動かす・伸びをするなどしましょう。
いくら座椅子に正しい座り方で座っていたとしても、なるべく1時間に10~15分程休憩を取って軽く体を動かしましょうね。

カテゴリー: 腰痛 | タグ: , , , , , , | 腰痛の場合の座椅子の座り方 はコメントを受け付けていません。

グルコサミンの相互作用について

安全性が高く関節痛などにに効果的なサプリメントとして「グルコサミン」が人気ですね。
みなさんもテレビCMなどで1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

グルコサミンは、化粧品・食品添加物などにも利用され安全であると証明されています。
もちろん稀に副作用はあるようなので、用法用量をまもり正しく服用することが大切です。
今回はそんなグルコサミンによる相互作用について、お話しようと思います。

相互作用とは、薬の飲み合わせにより引き起こる効果のことで、「グルコサミンサプリを服用していることで他の薬の効果にどんな影響を与えてしまうか」ということです。

例えば・・・
グルコサミンとインスリンの相互作用は、グルコサミンがインスリンの働きを悪くしてしまうと言われています。
グルコサミンとワルファリンの相互作用は、血液の凝固を抑えるワルファリンの作用をグルコサミンが強くさせてしまうと言われています。

上記のように、知らずにいると一大事になる相互作用もあるので、他の薬を常用・内服している方はグルコサミンサプリの服用を始める時に気をつけなければなりません。
きちんと理解せずにサプリを服用すると、相互作用などで最悪の場合命取りになってしまいます。

現在、グルコサミンによる相互作用の研究が進められていますので、注意しておきましょう。

カテゴリー: グルコサミン | タグ: , , , , , | グルコサミンの相互作用について はコメントを受け付けていません。

関節痛・筋肉痛・微熱が起こる病

関節痛・筋肉痛・微熱が一斉に起こったことってありますか?

私は、あるんですが・・・これがとても辛い!
関節痛・筋肉痛のような痛みで体を動かすのが億劫な上に、微熱で頭もボーっとしてだるい。

これは風邪・インフルエンザなどの症状として起きることが多い組み合わせなんですが・・・
実は「自律神経失調症」の症状である可能性もあるんです。

自律神経失調症とは、生活が不規則だったり身体的・精神的なストレスが原因で、自律神経のバランスが崩れて起こる様々な不調・疾病のことです。
上記に書いた関節痛・筋肉痛・微熱以外にもよく聞く症状は、倦怠感・疲れやすい・動悸や息切れ・頭痛・不眠・精神的に落ち込む・食欲不振など、様々な症状があります。

また多くの場合、1つの症状ではなく私のように同時に複数の症状が現われたり、症状が出たり引っ込んだりする場合があります。
自律神経失調症は、個人により症状のあらわれ方が変わります。

さらに自律神経失調症は、内臓・器官などが原因で起こる病ではないため、検査をしたとしても原因がわからずに、異常なしとされることが多いようです。
そのため、受診した本人も自分が自律神経失調症であることに気付かない場合があるようです。

少しでも「おかしい」と思ったら、まず自律神経失調症の症状・疾患が同時に複数現われているかどうか確認しましょう。
それから医師に相談し検査をしてもらって下さい。

カテゴリー: 関節痛 | タグ: , , , , , , | 関節痛・筋肉痛・微熱が起こる病 はコメントを受け付けていません。

病気のサイン 腰痛・わき腹痛の場合

あなたは腰痛・わき腹痛を感じたことはありませんか?
腰痛・わき腹痛を感じていたとしても、「コレくらい平気でしょ」っと楽観的に見ていませんか?
もしかしたらそれは、ある病気のサインかも知れません。

腰痛・わき腹痛が起きることの多い病気・・・それは「尿管結石」「腎臓障害」です。

【尿管結石】
尿路結石の症状は、実は結石のできる場所により違ってきます。
その中でも、共通して表れる症状に血尿・尿のにごり・発熱・痛みなどがあります。
痛みについてもう少し詳しくお話すると、結石が尿管に詰まる尿管結石の痛みは突然起こるうえに、非常に強い痛みを感じます。
慢性の場合には、急に来る強烈な痛みではなく、腰が重いような鈍い腰痛を感じます。
また、神経にも影響し関連痛を伴う場合もあります。
例えば、背中の痛みがわき腹・太もも・足の先などに響くような場合を言います。
痛みを感じる所から、波紋のように広がる痛みとして感じる方が多いようです。

【腎臓障害】
腎臓障害の一般的な症状は、血尿・浮腫・高血圧・尿量の減少・頭痛・わき腹痛・腰痛・皮膚の乾燥・皮膚の色素増加などです。
腎臓の働きが乱れることで、上記のような様々な症状が起こります。
さらに腎臓障害の引き起こす病気としては、急性腎炎・慢性腎炎・急性腎不全・慢性腎炎不全・腎硬化症・妊娠腎(妊娠中毒)・水腎症など。

上記以外の病気の可能性も有り得ます。
「いつものことだから・・・」と軽視せずに、少しでもおかしいと感じたら、早めの受診をすることをお勧めします。
早期発見・治療が、健康な体を取り戻すための第一歩です。

カテゴリー: 腰痛 | タグ: , , , , , | 病気のサイン 腰痛・わき腹痛の場合 はコメントを受け付けていません。

グルコサミンは効かない?!

知っている方も多いと思う「グルコサミン」サプリ。
今回は、そのグルコサミンが膝・腰の痛みに効かない?!っというお話です。

テレビなどのCMでも紹介されており、股関節・膝の変形性関節症の痛みを緩和する目的で服用されているグルコサミン。
このようなサプリに、治癒効果があるという科学的証拠は認められないことが、大規模研究の分析によって明らかになりました。

実はグルコサミンサプリなどの効果については、いままでにもいくつか今回と同様の報告がされていたんです。
今回研究したスイス・ベルン大学社会・予防医学研究所のJuni博士は「患者の疼痛緩和という点で、臨床的に意義のある有益性は認められなかった」と示されています。
つまりグルコサミンサプリが効かないということになります。

グルコサミンサプリが開発され現在まで、世界中の何百万人がサプリメントを購入しており、 2008年世界でのグルコサミンサプリメント
の売り上げはほぼ20億ドルにもなり、2003年より60%も増加傾向にあるそうです。

今回はそのグルコサミン愛飲者の中の、3,800人強の膝・股関節の関節炎患者を対象とした無作為化臨床試験の結果を分析したものです。
愛飲者と非服用者を比較したもので、グルコサミンを服用している患者の疼痛レベルの変化を偽薬との比較・互いの比較により検討したものです。

そして全データの検討の結果・・・グルコサミンには、関節痛・関節腔狭小化に臨床的に効かないことが示されました。
ちょっとビックリする結果ですよね。

ただしこの発表をしたJuni氏は、「もしグルコサミンサプリを服用していて、あなたが効果を感じている場合(疾患の自然経過・プラセボ効果によるものの可能性がありますが)、服用し続けることが有害というわけではないので、
特にグルコサミンの服用を止めなくても良い
」と述べています。

「病は気の持ちよう」と言うように、やはり多少は気持ちの面での効果もあるのかもしれませんね。

カテゴリー: グルコサミン | タグ: , , , , , | グルコサミンは効かない?! はコメントを受け付けていません。